HOME>注目記事>業務用エアコンの導入方法や価格相場について

業務用エアコンの導入方法や価格相場について

業務用エアコンを買取やレンタルしたら…

業務用エアコンを取り入れるには、買取やレンタルなどの方法があります。しかし、エアコンを買取する場合は、一気にエアコン代やエアコン工事料金を支払わないといけません。その分、全体の料金を抑えることが出来るようです。また、レンタルする場合は、中古のエアコンを選択することもあります。ただ、月々に支払う金額は少なく済むため、一括で支払うという心配がいらなくなるでしょうね。

業務用エアコンのオススメな取り入れ方法

会社にあるエアコンが古くなってきたら、そろそろ取り換えの時期になります。ただ、その際にリースにて、業務用エアコンを借りる契約を行うと良いです。リースはレンタルと似ていて、まとまった金額が無くてもエアコンを借りることにより、会社に取り入れることが可能になります。基本的に契約期間は、4~7年ほどになるので、契約更新の時期には注意が必要ですよ。ただ、リースはレンタルと違って、中古のエアコンを選択することもなく、保証金や工事費を最初に支払うこともないので、初期費用を抑えることが出来るでしょう。

業務用エアコン料金の相場について

会社にある業務用エアコンの相場は、約100,000~300,000円となるようです。ただし、エアコンの種類によって金額も変わっています。天井に埋め込む形のエアコンの場合、約70,000~120,000円かかると言われています。また、天井に吊り下げる形のエアコンは、約70,000~100,000円となりますが、大きいサイズのモノだと約150,000円になるようです。他にも約50,000円程度の相場の床に設置するエアコンや壁に設置するエアコンで、約35,000円とお得なモノもありますよ。

業務用エアコンを変える時期

業務用エアコンは、およそ8~15年ぐらい経つと、変える時期になってきます。それと、冷房や暖房の効きが悪くなったり、電気代が急に上がったりした場合もエアコンを変えるといいでしょう。また、異常な音を出すようになるとともに異臭がするエアコンは、危険なので早めに新しいエアコンにすると良いですよ。

広告募集中