エアコン工事で気になることとは?

エアコンを設置する際に行うエアコン工事を行う時に、気になることは色々あるようです。その事について、下記にてまとめてみました。気になる方は、読んでみるといいでしょう。

エアコン工事の際に疑問なこと

エアコンの配管に必要な穴が無い場合は、どうしたらいいですか?

新しい物件の場合、配管を壁の中に埋め込む隠ぺい配管の場合があります。これは、エアコンを取り付ける際に別で追加料金がかかることもあるので注意してください。また、配管穴が無い場合も追加で料金が必要です。

エアコン専用のコンセントは、どこにあるのでしょうか?

基本的に、エアコンに使用するコンセントは、配管穴の近くやエアコンを設置可能な場所にあることが多いです。差込口は一つだけなので、確かめてみてください。

高層階だと、追加で料金がかかりますか?

高層階や機密性の場所にある自宅だと、エアコンを設置したら、ポコポコ音がすることがあります。その音が気になる方は、エアーカットパルブを取り付けがオススメです。それにより、追加料金がかかることもあります。

エアコン工事で適切な業者の選び方や安価な料金にする方法

エアコン設置の前にチェックしてみよう

引越し先にエアコンを取り付けたり、今使用しているエアコンを買い替えたりする時に、チェックしておくことがあります。それは、どのエアコンを取り付けるかという事です。エアコンを取り付け作業を行う業者には、事前にエアコンの型番と大きさを知らせる必要があります。そして、エアコンを設置する壁の寸法も計っておくようにしましょう。何故なら、エアコンを設置する場所の近くに、カーテンなどがある場合、カーテンレールにぶつかってエアコンを設置出来ないということもあるからです。なので、エアコンの幅や高さに合った設置場所を検討して、エアコン工事業者に伝えるようにしてくださいね。また、エアコンを設置する際に、室外機を設置するスペースも確保しておくようにしましょう。ちなみに、地面に置くスペースがない場合は、天井に吊り下げる天吊りや屋根上に置く屋根上・壁に取り付ける壁面などの設置方法があります。しかし、これらの設置方法は、地面に置く場合と比べて料金に違いがあるので注意しましょう。

エアコン工事を頼む業者を選ぶポイント

エアコン工事の際に、後悔しない業者を選ぶのは大切なことです。ただ、どの様な業者だと良いのでしょう。エアコンの専門知識を持っているわけではない一般の方は、何処がどの様に良いなんて分からないことも多いと思います。主にエアコン工事を頼むことが出来るのは、エアコンを購入した量販店や街にある電気屋があります。その他に、ネット検索で発見出来る個人の業者もあるようです。例えば、量販店でエアコン工事を依頼するなら、エアコン購入と同時に契約出来るため、手間がいりません。そして、街にある電気屋に頼むと、近所にあるため、エアコン工事のことで気になることを手軽に聞くことが可能になるでしょう。また、個人の業者は、自社にて料金を決めて、問合せを対応するなどを行っているので、責任を持って一つ一つのことに取り組んでいる場所が多いようです。それに、全体の料金の割引に融通がきくこともあるので、確かめてみるといいでしょう。

お得にエアコン工事を行うために…

エアコン工事で支払う料金は、約10,000~16,000円だと言われています。ただ、業者によって、追加される料金に差があるので気を付けましょう。例えば、エアコンと室外機をつなげる役割がある配管パイプは、追加料金として加えられることが多いので、1mで約2,000~3,000円料金がかかります。その上、基本的に3~4mは、配管パイプが必要なため、6,000~12,000円ほど追加料金を支払うことになるようです。このように、最初に示された料金以上に追加料金がかかるのがエアコン工事では多いでしょう。なので、どれぐらい料金がかかるか、事前に見積もりを取ってもらうことが重要です。それを色んな業者と比較して、より支払う料金が安価な場所を見つけてみてください。

エアコン工事で追加料金がかかる時

エアコン工事で、追加料金を取られる場合が多々あるようです。追加される時とは、主に室外機を吊るす作業を行うこと等の手間がかかる工事になる場合と配管パイプなどが傷んで新たに部材が必要になった場合になります。業者が見てから、気づく場合があるので、気になったことがある場合は、見積もりの際に確認して、料金でトラブルが発生しないようにしましょう。

作業員

広告募集中